TOP葬儀ガイド > 柩に入れる10円玉を考える

柩に入れる10円玉を考える

地域によって違いはあるようですが、
北海道では、火葬する際に、棺に10円玉を入れます。
(私は祖父の時に500円玉を入れて、しっかり貰いました・・・)

この10円玉について。
地方によって「御守りとして」と言われておりますが???

 

恐らく起源は、やはり六文銭?
三途の川の渡し賃として入れてあげた、というのが元々ではないかと思います。

じゃあ焼け残った10円玉皆で貰っちゃったら、
「三途の川の渡し賃なくなるじゃない」
と、なります。

 

(ここからは私なりの解釈ですが、)
考えてみると、お骨は骨壷に入れてしまいますので、
焼いた後に残るものというと、お骨以外は棺に使われている釘等しかありません。
それも淋しいものですね。

金属系のものでないと、燃えてしまいます・・・

金属で、貴重なものと言えば・・・???

お金です。

 

焼いた後も残るもの。

貴重なもの。

お金。

好きだった人が焼かれて後に残ったものを持ち歩くなら、

貴重なものが良いです。

釘は嫌です。

だったらお金(硬貨)です。

 

私も、おじいちゃんの柩に沢山入れた10円玉、500円玉を折り紙に包んで、

常に持ち歩いております。

財布に入っていたり、名刺入れに入っていたり。

 

 

「祭壇のお花を持ち帰って良いですか?」

と聞かれた時に、私は必ず言う言葉

「是非持ち帰ってください。全て供養ですから」

葬儀の際の祭壇のお花を持ち帰り、ご自宅でも故人様を偲んでいただきたい。

 

通夜振る舞いの時に、喪主様が言う言葉

「是非、父(母)の話でも、してやってください・・・」

これも供養。

 

小銭を持ち歩くのも、好きだった人のものでないと、中々しないと思います。

便利な言葉ですが、これも「供養」に尽きると思います。

 

お骨を分骨して、分骨はご自宅に残したり。

粉にして、ペンダントに入れて、常に身に付けたり。

一緒に焼かれた硬貨を持ち歩くのも、同じようなことかな、と思います。