TOP葬儀ガイド > 焼香の意味 各宗派別 焼香のマナー

焼香の意味 各宗派別 焼香のマナー

ご葬儀の際の焼香の作法について、どうしたら良いのか、
確信を持って行っている方は少数だと思います。
大体は始めの喪主様(大体年配の方が多い)の作法を見て、
真似する方が殆どだと思います。

お鈴は鳴らすのか
回数は何回か
額に押し頂くのか

※押し頂くとは、抹香を摘まんで額の前辺りに持ってくることです。

そもそも
お線香をあげるのに何の意味があるのか?
香炭に抹香をくべることに何の意味があるのか?

喪主様が間違ってしまうと、そのまま皆間違ってしまうことも多々ありますが、
全ては故人様を思うお気持ちですので、細かい作法など気にしなくても良いのですが、
せめて焼香する意味がわかっていないと、なかなか気持ちの込めようがありません。

意味を知って行うことで、故人様を極楽浄土へ導くための儀式である
葬儀に対して、参列者としての考え方・思いが深まると思います。


<焼香の種類>

まず、焼香には2種類
・線香焼香
・抹香焼香

があります。
一般に前者は「お線香をあげる」と言われ
後者が俗に言う「焼香」として使われています。

どちらにも「香」というワードが登場いたします。

「香は仏様の食べ物」
ですとか
「お香の香りを仏様が好む」
ですとか
「香りで邪気を祓い、心身を清らかにする」
など諸説ございます。

合理的な云われでは、遺体の臭い消しとも言われています。

とにかく仏様に対峙するときの儀式というのに変わりはありません。

宗派によって、煙に重きを置いたり、香りに重きを置いたりと違いもございます。

それでは各宗派の焼香の方法と意味です。
ここで言う焼香は一般的な抹香焼香のことです。

<天台宗>
回数に決まりがありません。
額に押し頂くかどうかも定めがありません。

<真言宗>
回数は3回。
額に押し頂く。

回数が3回というのは「大日如来・弘法大師・祖先諸霊」それぞれに焼香する。
三法「仏・法・僧」それぞれに焼香する。
など諸説ございます。

<日蓮宗>
回数は1回。(導師は3回)
額に押し頂かない。

<浄土宗>
回数は1回または3回。
※浄土宗HPでは気持ちを込めて1回、を推奨しております。
お香を摘んだら、仰向けに返して、左手を下に添え、
額に押し頂いてから、香炉にくべります。

<浄土真宗>
回数は1回。
額に押し頂かない。

<臨済宗>
回数は1回。
額に押し頂かない。

<曹洞宗>
回数は2回。
1回目は額に押し頂く。
2回目は押し頂かない。

 

押し頂くかどうかは、お香自体に価値を見出すのかどうかの違いです。

押し頂かない宗派では、煙と香りが仏様を招来すると考えているため、
その摘んだお香自体にはそれほど価値を見出していない、ということです。

結局焼香とは、仏様をお香そのもの・煙・香りで招来して、
直接「故人様を宜しくお願いします」と言うものです。

各宗派で教えに違いはあれど、故人様には極楽浄土に行って欲しい、
安らかに眠って欲しい、という葬儀の中の大切な儀式です。

どうか故人様の安らかなお眠りを祈って、心を込めてご焼香して下さい。