TOP葬儀ガイド > 葬儀の際の供花・供物の選び方について

葬儀の際の供花・供物の選び方について

葬儀に参列したくても出来ない、という方や、親族の方からなども、
葬儀の際に「お花や供物を送りたいのだけど、何が良いのでしょうか?」

と、こちらに意見を求めてこられる方は多いです。

会場の広さや参列者の数、また供花・供物のそれぞれの良さを考えて、
葬儀に合わせた物をお送りすると良いかと思います。

供花には大きく2種類、
アレンジメントスタンドがあります。
供物も2種類
カゴスタンドがあります。

それぞれご紹介していきます。

<アレンジメント供花>

アレンジメント供花イメージ
こちらは簡単に言うと「置くタイプ」で「祭壇に飾ることが出来ます」
また、スペースも取らないので会場が小さめの家族葬向き、と言えるかもしれません。
通常、祭壇の手前側に飾りますので、非常に立体感が出て、
祭壇がグッと華やかに、豪華になります。

また、親族の方々にそのままお持ち帰り頂く、なんてことも出来ます。
葬儀終了後、四十九日までご自宅に祭壇を用意することが多いですが、
その時、一対の仏花を通常お供え致しますが、
さらにこのアレンジ花で華やかに、ということも可能です。

ご注文頂く際は、
葬儀社、若しくは斎場経由でご注文頂くことをお勧め致します。
と言いますのは、葬儀社と斎場の人間は、祭壇に飾られるお花のイメージがわかっておりますので、
祭壇のイメージに合わせたお花を注文できる、というわけです。

さらに、親族複数でお金を出し合って、といった場合もあるかと思います。
その際は、アドバイスがあることが多いとは思いますが、
一対(偶数個)になるように注文するのがお勧めです。
祭壇にお飾りした時、左右対称に同じものを飾りますと、ビシっと引き締まります。

当館でも、例えば2万円のご予算があるお客様に対しては、
「1万円分×2台で注文いたしませんか?」とご提案させて頂くこともあります。
逆に他の方からのアレンジ花と合わせて偶数になるように注文、ということも考えられます。

<スタンド供花>

スタンド供花イメージ
スタンド花は文字通り、自立式のお花です。
祭壇の脇や、会場の両サイドに飾られる事が多く、
こちらは祭壇というより、会場を華やかに致します。

会社関係の方はスタンド花をご注文されることが比較的多いです。
故人様が生前頑張ってきた証であり、スタンド花が無いと寂しい、
と思われる方も多いのではないかと思います。

こちらは、会場の広さ、祭壇のサイズ、参列者の数等を考慮して
ご注文されるのが宜しいかと思います。
となると葬儀社、斎場、若しくは会場を知っている地元の花屋さん等に
ご注文されることをお勧め致します。

会場によってはスタンド花の持ち込みを禁止している所もございますし、
当館などの家族葬ホールでは参列者の数によってはスペース的に収まらない、
といった可能性もございますので予め確認が必要です。

<花かご(供物)>

花カゴイメージ
こちらは通常プラスチックのカゴにフルーツ缶等の詰め合わせが入り、
周りを造花で飾ったものです。
詰め合わせは果物、フルーツ缶、乾物、お茶・コーヒー、線香・ろうそくセット等、
発注される場所により、ご用意するものは若干異なります。
こちらも祭壇に飾ることが出来ます。

供物の良い点は、親族の方々にお持ち帰り頂くことが出来ることです。
食品でしたら皆様で分けたり、
線香ろうそくでしたら遺族の方がこれから消費されるわけですので、喜ばれるかと思います。
缶詰等、重たいものもありますので、皆様がお車でいらっしゃる地域かどうかなども、
配慮して品物を選んで頂くことをお勧め致します。

<花輪スタンド(供物)>

花輪スタンドイメージ
こちらは花カゴがスタンドに乗り、造花のお花が豪華になったもの、
と捉えて頂ければと思います。
お持ち帰り頂ける供物の良さに加え、スタンドになることで、
会場を華やかにすることも出来る、というものです。

と、それぞれ紹介いたしましたが、
生のお花が良いのか、お持ち帰り頂ける品物が良いのか、
ということになりますので、送られる方のお気持ちと、
参列される近親者の方々のお気持ち等を考えてお送りください。

「葬儀に使ったお花を持ち帰って良いのか?」と心配される方がいます。
逆に、「是非、持ち帰って下さい」と申し上げたいと思います。

葬儀の際にお花で祭壇をお飾りすることも、
供花や供物をお供えすることも、全て供養です。
さらに、そのお花をお持ち帰り頂いて、ご自宅で故人様を偲ばれること、
それも供養です。
是非、記念に(ここで言う「記念」は、記す、念じるという意味の記念です。)
お持ち帰り頂いて、故人様を思い出して下さい。

尚、その他にもカゴに「僧侶様用座布団」をお供えしたものや、
(今後の法事等で自宅でお使い頂ける、というものです)
プリザーブドフラワーと線香等がセットになったもの等、
様々な種類がございますので、詳しくはお問い合わせ下さい。

当館HPより、供花・供物の発注用紙を出力して
FAXでご注文頂くことも出来ます。
発注用紙に記載が無いものや、金額もご予算に応じてご注文頂けますので、
ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

札幌市、当館の場合ですと、通夜のお時間にもよりますが、
午後2時位までにご注文頂きますと間違いなくお時間までにお届けできます。
直前でも対応出来る場合もございますのでご相談下さい。
通夜に間に合わなければ翌日の告別式までに配達、ということも可能です。

最後に、喪主様・遺族様のご意思で、供花・供物も一切受け取らない、
という葬儀もございますので、ご注意下さい。