TOP用語集 > エンバーミング

エンバーミング

遺体を消毒・保存処理、また必要に応じて修復することで長期間の保存を可能にする技法。キリスト教は火葬が禁止されていたため土葬が主流だった欧米では、感染症を防ぐための目的もあり、広く行われている。

遺体の腐敗など外見上の変化による遺族の精神的苦痛を無くすのに非常に有効である。
日本でエンバーミングに関する法律は存在しないが(2016年現在)、現行の法律と照合し、一定の条件を満たした上で行われていれば違法性は無いものとされております。
日本遺体衛生保全協会という団体が、エンバーマーの資格等自主基準を設け、適正なサービスの提供、普及などに努めています。しかし、この資格を取得するには一般に全日制で2年の通学が必要で学費も高く、社会人が取得するには難しい現状であり、普及には難題が多い状況です。