TOP用語集 > 北枕

北枕

お釈迦様が入滅(亡くなった)の際、頭を北に・顔を西に・右脇腹を下に向けた状態だったとされ、
日本では死を忌むことから、お釈迦様が北枕で亡くなられたので、
「死の象徴」ということで北枕は縁起が悪いとされてきました。
お釈迦様のそのときの姿は“頭北面西右脇臥(ずほくめんさいうきょうが)”と言われます。

しかし、足が南に来る(日本では南から光を取り入れた住宅が多く、暖かい)ということで
「頭寒足熱」の理にかなっている、
と最近では北枕を勧める風潮もあります。

尚、遺体は頭を北に向けますが、無理であれば西でも良い、とされています。
※宗旨・宗派により考え方は異なります。