TOP用語集 > 四華花(しかばな)

四華花(しかばな)

金・銀もあるが、通常は白い紙に横に細かく切れ目を入れて、
細い棒に巻きつけた葬具のこと。

<由来>
お釈迦様が入滅される際、沢山の人間や動物、虫等が集まりました。
さらにお釈迦様を取り囲むように8本の沙羅双樹の木がありました。
沙羅双樹は季節外れの花を咲かせていて、
その後、お釈迦様の死への悲しみのあまり、
その内4本の沙羅双樹の花が白く変化したという故事が由来となっています。

お釈迦様が涅槃に入られた象徴として、お釈迦様にあやかり成仏出来るように、と
葬儀の際に飾られるようになりました。