TOP葬儀ガイド > 無宗教葬のメリット・デメリット,注意点

無宗教葬のメリット・デメリット,注意点

最近、特定の宗派にとらわれずに無宗教で葬儀をあげたい、という方が増えております。
当館でも親族・近親者のみで、無宗教葬で、というご依頼は非常に多いです。

そもそも日本人のお葬式が仏教式が多いのは、
江戸時代の寺請制度により、ほとんどの方がある宗派・宗旨に属したわけで(俗に言う檀家制度です)、その名残と言われています。
今ではお坊さんに関わることは法事とお葬式程度で、お寺さんと関わりが薄い、という方も増えていると思います。

 

「私は信仰に厚くないから無宗教葬が良いかしら」とお考えの方に、

葬儀を施行する側から無宗教葬のメリット・デメリット、注意点をご紹介致します。

 

 

目次

お布施が必要ない
無宗教葬とお墓の問題
そもそも葬儀って?
成仏って?
無宗教葬を選ぶ前にじっくり考える
お墓の引っ越しの怖い話
無宗教葬の葬儀ってどんなの?
無宗教の供養って? 四十九日はどうする?
最後に

 

 

お布施が必要ない

 

まずは何と言っても、
葬儀の際に僧侶様を呼びませんので、読経・戒名代含めたお布施が必要ありません

それだけではありません。
初七日~四十九日法要(最大7回)
(初七日と、閻魔様の現れる三十五日、四十九日だけ、という方も多いです。)
四十九日を過ぎると納骨する際の開眼供養のお願い。
または仏壇にも、ご位牌にも開眼供養(魂入れ)・・・。

あとは月忌一周忌三回忌、・・・

これらにかかる費用が無くなるのですから、これは金銭的には大きなメリットです。

 

無宗教葬とお墓の問題

 

しかし、確認して頂きたいのは、
お寺さんとの関係とお墓(納骨場所)の問題です。

代々お世話になっているお寺さんがある場合、
またどのお墓(若しくは納骨堂など)に入るのか、等、
後々のことをよく考えなければなりません。
お葬式のことだけを考えては問題になる場合がございます。

例えば、代々お付き合いのあるお寺さん(菩提寺)があるのに、
葬儀には僧侶さんを呼ばずに無宗教葬でやってしまった。
その後、菩提寺に行ったら、その菩提寺が管理するお墓には「納骨出来ません」とか、
「葬儀をもう一度やり直ししてください」などと言われてしまう可能性も考えられます

宗派の教えを厳密に守っている寺院であれば、その宗派における葬儀をあげていないのに
お墓だけ、ということは教学的にありえない、という考えのお寺さんもあることでしょう。

 

また、お寺さんとしては先祖代々葬儀や法事の際にお経をあげて納骨・お墓の管理をしてきたわけで、
今までと変わらぬ末永いお付き合いをするつもりだったと思います。

しかしいきなり、葬儀には呼ばれずに「納骨だけお願いします」、
と来られても気分を害されてしまうのも仕方ないかもしれません。

 

 

そもそも葬儀って?

 

本来葬儀~四十九日迄の法要というのは、
(宗派によって捉え方は様々ありますが)簡単に言うと、
故人様が「無事、成仏してくれる」「あの世で安らかに」ということを願う儀式です。
(上記、四十九日のページに詳しく記載しております)
ですから、
「お経をあげてもらわないで成仏出来るのか?」という心配もございますし、
親族の中にその考えが強い方がいて、反対を受けるかもしれません。
親族間での問題になり得ることも考えられますので、事前によく話し合ってお決め下さい。

 

成仏って?

 

そもそも字の如く成仏という考え方が仏教の考えですが、

①お経をあげなくても成仏出来る!(天国・極楽浄土に行ける!)

と考えるのか、そもそも

②成仏という考えは持っていない!死んだら無(神)になるのだ!

と考えるのか。

では「仏教以外の他の宗教の信者は地獄に落ちるのか?」と聞かれたら、そんなことは無いはず。
もしそうであれば、そもそもお釈迦さんに限らず、キリストさん、アラーさんが産まれる前の人は
全員地獄に落ちていたことになります。(今の宗教自体が無かったわけですから)

 

無宗教葬を選ぶ前にじっくり考える

 

人間が死んだ後のことは、実際のところ誰にもわかりません。
しかし日本に於いては多くの方が、ある特定の宗旨・宗派の教えに基づいた葬儀を
長く行ってきた歴史があるわけでございますので、
無宗教葬を選ぶからには、逆に仏教(または自分の信仰している宗教)の考えについて、
深い知識を持った上での判断が必要になると思います。

宗教を理解した上での捨てる覚悟

が必要だと思います。

そしてその後、自分自身は「海に撒いて欲しい」とか「樹木葬が良い」と言っても、
では、守るべきお墓がある場合はその手仕舞いが必要となります。
一番良く聞かれるのが、「子供に(金銭的な)迷惑をかけたくない」というご意見です。
そもそも家族葬を選ばれる方も、こういった考えの方が多いです。
(お香典を沢山頂いてしまうと、そのお返しをするのはお子さんになる。と)
代々のお墓に加え、海洋葬でも樹木葬でも、自身の葬られた場所が別にある、ということは、
却って手間をかけさせるだけ、ということにもなりかねません。

(祖父は寺、祖母は納骨堂、父は森、母は海。。。)

 

お墓の引っ越しの怖い話

 

尚、お墓の引っ越しをする際は、キッチリと閉眼供養(魂抜き)をし、
新たな場所でまた開眼供養(魂入れ)をするなど、
お墓の引越しをお坊さんに確認の上、正しい方法で行ってください。

↑これをしないと行き場を失った魂が、親族を一人、道連れにしてしまう。。。

と聞いたこともある人も多いかと思います。

私の遠い親族で、この誤ったお墓の引っ越しをしたためにポックリ亡くなってしまった人がいる、

という話を聞いたことがあります。。。

 

もちろんこれらにも新しい納骨先への支払いなど、お金はかかります。
子供のこともそうですが、代々のご先祖様のこともしっかり考えなくてはなりません。

 

無宗教葬の葬儀ってどんなの?

 

次に葬儀の最中のお話です。

一般の仏教式の葬儀は通夜・告別式とも1時間ほどのお時間がかかります。
その内、30分~45分程を占めるのが、読経とお坊さんのお話です。
(宗旨や、何と言ってもお坊さんの話の長さによって時間差はございます)
しかし、無宗教葬の場合はこれが無いわけですから、
では式中は何を行えば良いのか?という問題が発生致します。

司会者の方に依頼をするのであれば、司会者が事前に故人様の略歴を遺族様より伺い、
文章にして式中にご紹介致します。
無宗教葬の場合、司会者の実力が問われますし、
一般に長い時間を取り持たなければならないこともあり、
通常の仏教式よりも依頼する費用が高い場合もございます。

あとはお焼香がございませんので、その代わりに一人ずつ献花を行うことも多いです。

その他、音楽葬とも呼ばれますが、故人様の好きだった音楽を流したり、
メモリアルDVDを作成して放映したり、などが挙げられます。

儀式としてのお葬式は早々に、音楽をかけながらお食事をとりながら故人様を偲ぶ、というのも一つです。

 

喪主様や近親者の想いやイメージに則って式を創り上げる必要がございますので、
型に嵌まっていない分、考えたり作成したりすることが多く、大変な部分も多いです

 

 

無宗教の供養って? 四十九日はどうする?

 

供養とは本来、

「仏・法・僧」の三宝にえ物をし、資することから・・・

が由来の仏教用語です。

 

しかし、一連の葬送の中で、

故人様を思い偲ぶこと、故人様に対して行うこと、一つ一つ全てが「供養」です。

仏教用語をお借りしてはいたとしても、それは無宗教葬であっても変わらないことと、思います。

 

では無宗教葬の場合、四十九日はどうしたら良いのか?

当然、葬儀にお坊さんを呼んでいないわけですから、四十九日に限らず、七日毎の読経も行われないはずです。

葬儀だけでなく、法要も仏教に由来する初七日~四十九日~〇回忌に合わせて行われるものです。

 

「お経」は読まずに、故人様のあの世での幸せを毎日願えば良いのだ、と考える方もいらっしゃるでしょう。

 

 

いや、あの世で裁判している時にお経をあげなければ地獄に行ってしまうんでないか?と心休まらない・・・、

という方は仏教の風習がどうしても捨てきれないということですので、無宗教葬を行うのに向いていない方かもしれません。

 

また、無宗教にしたと言えども、やはり四十九日、一周忌、三回忌くらいは皆集まって・・・、と考えられる方も多いと思います。

お坊さんは呼ばずとも、親戚の皆さんが集まって故人を偲ぶ、これもまた仏教用語をお借りしますが「供養」です。

 

尚、神道でも四十九日と同じように、忌中の期間は五十日と決まっております。

というのも、江戸幕府が制定した服忌令は明治政府も踏襲し、

父母が亡くなった場合の忌中期間は50日だよと具体的に定めています。

神道は明治政府と共にありましたから、当然神道の忌中期間も50日、というわけです。

しかしこの50日も、仏教の四十九日由来と思われます。

仏教で国を治めよう(キリスト教の弾圧の為もある)とした江戸幕府が制定した仏教由来の風習を、

神道で国を治めようとした明治政府も日本人の風習として生きているわけだから踏襲したわけです。

つまり、四十九日は元々は仏教由来ですが、もはや「日本の風習」と言って良いかと思います。

 

というわけで、四十九日に親戚の皆様が集まって故人様を偲ぶことは、

宗教に関係なく「日本人の風習として」行われるもの、だと思います。

 

 

最後に

 

ご家族がお亡くなりになる際に、
「お寺さんとの関係が薄いから無宗教葬で良いや」
ではなく、代々のご先祖様、その後の納骨先、お寺さんとの関係、親族の意見、
そして本当にお子さんのためになるのかどうか。

また、本当に仏教の考え方を捨てて良いのだろうか?
様々なことを考慮した上で、お決め下さい。